なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

1月27日(土曜日)

 一応毎週土曜日は、定休日なのですが(出荷作業が無いため)、餌は与えないといけませんので毎日養殖場には来ています。朝の投餌を済ませて、市場からの売値報告を聞き終わって、ふと時計を見ると9時半、空は雲は多いが晴れて、北西の弱い風、いわゆる絶好の釣り日和なのである。 しばらく隠れていた釣りの虫が、もぞもぞと出てきて、いてもたってもいられない。 この時間から瀬渡し船で行くわけも行かず、地元の人しか知らない地磯へ釣行することにした。 車で1分歩いて10分の場所で本格磯釣りが体感できるのであるが、よほどの気象条件がそろわないと行けない所だし、なにしろ道中足場がかなりやばいところなので、一応磯釣りのフル装備で臨む。手に持つ物は竿とバッカン(餌いれ)だけ、道具は全てライフジャケットに入れ、磯靴ももちろん履いた。片手はフリーの状態にしておかないと歩いていけないのである。少々波化は有るが何とか出来そうである。 まだ半分凍ったオキアミをつぶして撒いてみる、平行して竿の準備、今日は扱いやすい50~56ズームの2号竿に3000番のLBCDリールを用意した。ハリスはフロロの4号(奄美の磯では4号以下のハリスでは通用しません)ウキは3B、針はぐれ9号(太軸)(細軸の針では伸ばされてしまいます)  一投目、沈み根の間に投入、撒き餌を追加しようと目を離したらなにやらもぞもぞと手ごたえ、見るとウキが沈み込んでいる、あわてて合わせを入れるとズシンと腕に来た、強引に引き寄せるが、なかなか姿が見えない、しばらくやり取りをして波の間から姿を見せたのは、オキナメジナ、奄美ではスバチと呼ばれる魚だ、八丈島では、スカエースと呼ばれるらしい、おもしろい名前です。丸々として結構大きい上から見ても1.5キロ以上は確実だ、しまった道具の簡素化のためタモ網を持ってこなかった、大失敗。瀬が高いので取り込みが大変だ。何とか引き寄せて道糸をつかんだ、竿を置いて両手で道糸をそろそろと手繰り寄せた。何とか足元まで引き上げてみると、でかい2キロ近いぞ、お腹パンパンだ。変な形の口(海藻類やコケ類を食べるので)から針を外して持ってきたスーパーのレジ袋に入れようとしたら、つるんと滑って海に戻っていってしまった。アチャー。しかしその後も入れ食い状態でイスズミやブダイなどが盛んに食ってくる、と それまでとは違う強烈な引き込みが来た、瀬際へ走るのを竿で懸命にためた、グーと引き寄せると銀鱗が輝いた、チヌだ、これも先ほど同様慎重に手繰り寄せ今度は落とさないように袋に入れた。1.4キロ43センチだった。これまでたくさんチヌは釣ったが磯場では初めてだ。奄美のチヌはミナミクロダイと言って内地のチヌより体色が銀色が強く白っぽく見える。で普段は養殖場の前の海のような内湾の波の静かな砂地の海岸に見られるのだが、こんな波の激しいところに居るなんてびっくりした。磯チヌは力も1.5倍に感じた。その後取り込みに失敗してスバチの1.5キロクラスを又も取り逃がしたが、最後に三度目の正直で、1.5キロを追加して時化てきたので岐路に着いた。ストレス発散あーおもしろかった。次回はタモを持っていくぞ。f0052986_1655552.jpg納竿から15分でもう道具を洗っている、なんとも贅沢ですね。
[PR]

by sakura-suisan | 2007-01-28 16:59 | 釣行報告
<< 2007年度ナイターソフトボール開幕 2007年スタート >>