なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スタンディング

 9月末、権田さんのお誘いで、久々に沖釣りに行ってきました。

 午前4時古仁屋出発、5時半出航。 今回もお世話に成るのは、泊船長のオーシャンパイオニア号
f0052986_14484172.jpg


 目指すは、奄美の北に有るアッタ曽根、ジギング釣行でもおなじみのポイント。約2時間の船旅だ。
今日は、さほど波も無く、いい感じである。
7時半頃ポイント到着。 さっそく餌のムロアジ釣り、なかなかいい群れに当たらない。何度か魚群を追って移動。 「はい30メートルから60メートル。」船長の指示でサビキ仕掛けを投入。 アタリがない。2~3度繰り返したが、権田さんに1匹かかったのみ。それも、水面で落ちてしまった。 少し移動して魚群を探す。なかなかめぼしい群れがいないようだ。 再度指示に従ってサビキを投入。 全くの沈黙。電動リールの音だけが響く。
これはまずい。 また、餌つりで半日潰すのか・・・ 船長の判断は早かった。「30分移動します。」

 やってきたのは、お馴染みのサンドン沖。 なんとここでは1投目からサビキにアタリ。 2投目から鈴なり状態。あっという間に40~50尾ほど確保。まったくムロアジの習性は読めません。 サビキの種類のほんの少しの違いでも、食ったり食わなかったりするらしいです。
 ポイントに移動し、泳がせ釣り開始。
 活き餌の目通しの方法(背掛けや鼻掛けなど色々有る)を習ってまずは、浅場のハージン(スジハタ)狙いから。 この目通しは餌が断然長持ちするらしい。
f0052986_1512165.jpg                  
 出来るだけ海底から餌が離れないように、底取りを頻繁にしながら底物のアタリを待つ。 なにやらもぞもぞとアタリは有るものの食い込まず、一瞬のアタリで餌が獲られる。 その後も同じようなアタリで餌が獲られる。
5匹連続で獲られたところで私は自信が無くなった。 泳がせはあきらめて、ジギングを始めた。 権田さんも似たような感じで、細かいアタリのみで食い込まないようだ。   ジギングにも反応なしで。 船長が「今日はハージンダメじゃ、おっかしな潮じゃ」と言っている。1時間くらいやったか? 「カンパチ行きましょう」船長の声で移動。 昼近くなったが釣果なし・・・。

 名磯サンドン岩 今日は、誰か乗っているようでした。 瀬の横にずーと船が待機していました。
f0052986_15281783.jpg
 磯釣りが好きな私としては、1度でいいので渡礁してみたいといつも思って眺めています。 




 


 
 10分移動、まずは、100メートル前後のポイントでカンパチを狙うことと成った。 今日は、活き餌がふんだんに有るので、私もそのままハージン用の仕掛けで、もう1度泳がせにチャレンジ。 
 竿は、パームスのコーラルスターCGJ-7020i(もうかなり古い竿だ)リールはダイワのソルティガ40Z
 1投目、着底後ハリス分巻き取って様子をうかがう。 もぞもぞと竿先にムロアジが暴れているのが伝わってくる。 きたっ! 一気に竿先が引き込まれた。 渾身の力で合わせを入れた。2度、3度 「うあーっ」一気にラインが引き出されていく、しかも船底の方へ引き込まれる。 こう言う状態をノサレルと言います。037.gif
 その後も2度ほどノサレてしまいましたが、私の尋常でない様子を見て船長が巧みな操船でバックアップしてくれました。言い訳では有りませんが、油断して、竿あて(ギンバル)をしていなかったので直接腹に竿尻が当たってめちゃくちゃ痛かったのです。 しかしやりました。超元気な一匹。
f0052986_15582532.jpg


 9.85キロのヒレナガカンパチでした。腹が痛くて、しかめっつらですが066.gif
[PR]

by sakura-suisan | 2010-10-13 15:32 | 釣行報告
<< 奄美豪雨災害 大水槽計画3 >>