なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


H.23 初磯

 1月9日、翌日、月曜日が祭日なので、日曜日の出荷が休みとなり、若い釣り仲間の誘いで、久々に磯釣りへ出かけてきました。

 前日、道具を用意するのに一苦労。あまりにブランクが開きすぎて、何がどこへあるやらさっぱり。
いろいろ探しまくって、なんとか準備できました。

 6時出航と言う事で、15分前に桟橋に行くと、もう皆集まっておりました。今日の段取りをしてくれた電機屋T君とも何年ぶりかの釣行だ。 彼も久しぶりの本格磯釣りだそうで、昨夜は興奮して眠れなかったそうだ。037.gif

 本日の標的は、グレ(クロメジナ)オナガとも言う。 目指すは加計呂麻島、東南端のサキネと言う磯。 何年も前、私もここでグレを上げた事がある。 船中、盛り上がって、メンバーで賞金を出すことにした。 通常一人千円くらいのところ、これまた久しぶりの釣行の八百屋S君が「正月でや~!」の一言で、2千円に決定!!がんばるぞ066.gif

 それぞれ、サキネ周辺の磯に順次降りて行った。 私が降りたのは、サキネの地と言う磯。 まさにここで以前グレをあげたのだった。 明るくなるのを待って、準備開始。 どこで釣ったかかすかな記憶を頼りに場所を決めた。 撒き餌を少し撒きドキドキの一投目。 浮きがなじんだところで、3Bの浮きが水中に消えていった。 ガツンと合わせを入れたら手ごたえ有り。 ん~久々の感触だ。しかしガクガクと手に伝わる独特の振動。やはり30㌢ほどのマルガラ(ミナミイスズミ)でした。 まあ、これが食っていると、グレも期待できそうなので、すぐに続けた。
 マルガラが一時入れ食いと成ったが、本命は来ない。 先ほどから撒き餌をすると、水面に大きな波紋が出来る、よくよく見ると、なんと1㍍くらいのサメが居るではないか008.gif その後は、そこらじゅうを我が物顔で泳ぎ回っていたが、釣れたマルガラには食いつかなかった。むしろ撒き餌のオキアミを食っているようだ。 すると浮きが沈みこんだと同時に竿がひん曲がった。すわっ!大物か?一瞬喜んだが、すぐに正体がばれた。サメが針にひっかかったのだ。水面に尻尾が見えた。ぐいぐい引っ張られてリールから糸が出て行ったがこちらも竿が折れない程度で反撃、なんとか手前まで寄ってきたがまた沖の深みに沈んでいった。「うあー」と声を上げて耐えていると、ふっと手ごたえが無くなった。外れたのだ。仕掛けを回収すると針が少し伸びて付いていた。 高価な浮きごと持っていかれなくて良かった。042.gif

 今日の満潮は10時過ぎ、丁度満潮くらいになると、結構なうねりで足場が洗われる。実は、磯に降りてすぐに磯ブーツの底がはがれて、紐で靴に縛り付けているので非常に動き辛いのだ。このブーツ高かったのに、不良品だ。確か前回もはがれて、その後修理しておいたのに・・・。 私の目の前の磯(サキネの離れ)に降りている八百屋S君も順調に釣果を伸ばしているようだ。魚種は分からないが、竿が何度もしなっているのが伺える。
サメが居なくなったとたん、餌取りのボラの大群がやってきた。 撒き餌と付け餌を同調させると一瞬で餌を取られる。 難しいつりになってきた。 撒き餌を最小限にして付け餌を少し離れたばしょへ投入。数回繰り返していると、あたり!浮きが沈んでいった。おお!けっこうな引きだ、無駄に糸を出すと切られるので耐えた。少しずつ寄ってきて、うねりの波を利用して磯の上にぶり上げた。アオバネ(カスミアジ)だ。 この魚は、美味なのでキープした。同じような場所へ投入、撒き餌は、手前のサラシの中へ入れた。 浮きがすっと消え、ガツンと合わせを入れると気持ちのいい引きが手に伝わってきた。 これまたうねりを利用して、磯の上に上げた、サラシで魚の種類がよく見えず、岩場の隙間に魚が入ってしまったので、不自由な足元を気にしながら近づくと、なんとグレではないが、「やったー!」と思わず叫んだ。004.gif波の来ない高台まで引っ張り上げてもう一度確認。間違いなくオナガグレだ。 針は飲まれていた。 長さはあるが、少し痩せている。 しかし本命ゲットでテンションは最高潮と成った。針を結びなおし、2匹目を狙ってすぐに投入。またアタリ、先ほどと似たような引き、やったと思ったが2匹目は、エラブチ(アオブダイ)であった。 残念。 その後アタリが途絶えたので、少し休憩。向かいの八百屋S君と電気屋T君に報告。電気屋T君は、少し離れたタンデという磯に降りたらしく、めぼしい魚が居ないとのことなので、瀬がわりをすすめた。 気持ちも落ち着いたところで、写真撮影をとおもったら、デジカメを忘れている。来る時に久しぶりなので、絶対なにか忘れ物があるはずと話していたが、やっぱり。007.gif
 その後、電気屋T君たちも近くに瀬代わりしてきた。 私のところは、ぽつぽつとマルガラが釣れるが、1時過ぎるとクサビ(ベラ)しか釣れなくなってしまった。 冷たい雨も降ってきて、状況は、悪い。ボラばかりになって、やる気消失。しかし餌をつけて続けていないと何も起こらないので、時間まで頑張ったが、その後は、ダメであった。 帰りの船の中で皆の様子を伺うと、電気屋T君と、花屋のI君は参りました宣言をしたが、八百屋S君は、なにやら思わせぶりなコメント、古仁屋港に帰港してクーラーを確認。皆が私のクロを見て「おー」と声をあげている。至福の瞬間だ。 八百屋S君のクーラーはかなり重い。中を覗くとマルガラ、マスス、サンノジ、エラブチ、ツノマル、その他雑魚。勝ったー041.gif
 帰ってきて写真を撮りました。 ありがとう。去年は散々だったが、今年は、良い年になりそうだ。
f0052986_1533093.jpg


 
[PR]

by sakura-suisan | 2011-01-11 11:40 | 釣行報告

明けましておめでとうございます

 新年 明けまして おめでとうございます

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

 大晦日、悪天候の中、息子の乗った飛行機が何とか降りてきて、家族4人が揃いました。

2年ぶりに4人で向かえたお正月です。003.gif

 暮れが忙しかった分、少しゆっくりします。いつもなら、4日から仕事ですが、今年は、4日は、娘の成人式。

早朝から着付けや髪のセット、家族写真撮影と忙しくなりそうです。
[PR]

by sakura-suisan | 2011-01-01 13:40 | 作業報告