なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


トカラへGO!! Ⅲ

 宝島から一時間、いよいよ本命ポイントへ、ここへは、しばらく来ていないので期待大と船長が言っていた。
まず、艫で権田氏が、みよしで栄次、息子組みが泳がせ釣に挑戦! 私は本格泳がせ釣りの一部始終を見守ることにした。このわくわく感がなんとも言えない。 ムロの口に針を掛けて投入、水深は130メートル前後だ。しばらく流して見るものの魚信は無い。 大きな曽根らしいのでそのまま続ける。 一度回収してムロを交換、再度挑戦。 私もジギングをやることにした。 なにも起こらない時間が過ぎる。船長は、次の起伏の有るポイントまでそのまま流すと言っている。 そのポイントにさしかかったとたん、艫の権田さんの泳がせロッドが大きくしなった。 私はすぐに仕掛けを回収して艫へ走った。
f0052986_1615661.jpg


権田さんが、「この前当りから竿が絞り込まれる瞬間がなんとも言えんのよ」とこの泳がせ釣りの魅力を話してくれた。 ハイパワー電動リールがガンガン巻き上げている。 あがって来たのは、本命のカンパチ!
f0052986_16222043.jpg


なんと船上計量で28キロの大物。 30キロに少し届かず残念がる権田さん。 私は、始めて見る大きさにただビックリ。
 その後当りが遠のいた為、ポイントを移動。 風向きも変化したため船の流し方をかえてみるそうだ。

このポイントでは、ジギングにも当りが出た。息子と私に5キロクラスのヒレナガカンパチがHIT!他にも3キロクラスも上げた。
権田氏にも再び当り。10キロのトカキン(磯マグロ)でした。
f0052986_16403796.jpg 写真撮りましょうかと言ったら「こんなもんは写さんでええわ」と言う事で、本日釣果なしの栄次君がパチリ!





息子は再び泳がせに挑戦。 なにやらもぞもぞと前当りが来ている。横で栄次君が「まだまだ」とアドバイス。
グッと〆込まれ「今じゃ!」と合わせを入れた。 お借りしている電動リールもメガパワーのシーボーグ1000MTだ。余裕のパワーだが、「若いんじゃ、手で巻け!!」と栄次君に言われた息子は素直に言うことを聞いて手巻きに挑戦。 これが大変、魚のパワーが半端ではない。「腰が、腰が」と息子が弱音を吐いたが、「なんのそれくらいで」と言われている。
f0052986_1702982.jpg

「うわー」と言いながらへっぴり腰で巨魚にのされている息子。
そんなことをやってまごまごしているうちになんと巨魚は逃げてしまった。 すんなり電動で巻いていれば自己記録、魚拓物だったのに。
 絶好調、権田氏に又当たり。
f0052986_1765651.jpg
今度は、20キロのカンパチ。



 私も泳がせにチャレンジしたが、すばやく生餌を針に掛けたり。棚取りなどで結構大変だ。 万が一根掛りなどさせると仕掛けが太いだけになかなか切れないからだ。 私がやっている間は、何も当りが無かった、残念。
 餌のムロアジも残り僅かとなってきた。そんな中、しばらく当りの無かった船上に目の覚めるような当り。
私のジギング竿にとんでもないのが食ってきた。突然ひったくられるような当りに竿を起こすことが出来ない。
リールからはラインがすごいスピードで引っ張り出されて行く。 何とか竿を起こしたが、何も出来ずにいると、根ずれしている感触が伝わってきた。ラインブレーク。 放心状態。 隣で息子が「すごいね」とつぶやいた。

 ムロアジを使い果たし、生簀に残ったのは、1キロのカンパチ。これを餌に権田氏が最後の挑戦。船長にカンパチって共食いするのと聞いたら、すると言っていた。 投入後しばらくは何も起こらなかったが、権田さんがラインのよれを直そうと油断した瞬間、これまでとは比べ物にならないほどの締め込みが来た。突然の出来事にさすがの権田さんもビビッタそうだがしかし竿は元に戻ってしまった。船長が、もう一回待って見ようと言うと再び竿が舞い込んだ。すごい締め込み。あっけに取られて見とれてしまった。船長が「キター」と叫んでいる。 電動のスイッチを入れたその瞬間又竿が元に戻ってしまった。 残念ながら三度目は無かった。

 「もう少し餌があったらなー」と船長。後ろ髪を惹かれる思いでトカラの海を後にした。
今回の釣果
f0052986_1810284.jpg


大変貴重な経験をさせていただいた権田さん、ありがとうございました。
またお願いいたします。

と、この記事を投稿した4・5日前5月19日。権田氏と栄次君がトカラへ一泊で出かけて、前回釣果なしの栄次君になんと、30キロのアラが食ったそうだ。携帯にメールが届いた。PCへのアップの仕方が分からないので映像をお見せできないが立派なものである。 権田さんやられましたね! 次頑張りましょう。
[PR]

by sakura-suisan | 2009-05-30 18:15 | 釣行報告

トカラへGO!! Ⅱ

 少々波化が有るのでよろめきながら、(足腰弱っている) 船の舳先へ陣取った、タックルは、zenaqのミューズにソルティガの4500番PEは、4号、リーダーは80lb、ジグは、バンジーメタル200gでトライ。 水深100メートル前後、船は風で少し流れている。 一投目、着底後すぐにしゃくり始める、40メートルほど巻き上げたところでHIT!余りでかくはなさそうだ、上がって来たのは、シビ(キハダ?ビンナガマグロの子供?)1.5キロくらいか。それを見た船長が「餌にするから確保しといて」と言ったので、すぐに生簀へ投入、元気元気。 聞くと、カツオやシビのこれくらいのサイズは、泳がせ釣の大物用に最適なのだそうだ。「アラが食うかも」だって。 権田さんに「餌釣りました」と報告した。 ムロ釣の邪魔にならないようタイミングを見計らってジギングを続けた。 二投目、今度も中層付近でHIT!今度はでかい!ラインを引きずり出していく、水面近くまでなかなか手強い、「タモタモ」と叫んだら、栄次君がタモ入れしてくれた。 5キロクラスのウブス(スマ)カツオだ、これは旨そう、丸々と肥えている、(このカツオは、本カツオより旨い) 最高のお土産ゲット!011.gif

 三投目、またまたHIT! 三連続なんて・・・今度も結構な引き、ドラグからラインが出て行く、何とか止まった、反撃開始、しばらくやり取りしていたら不意に軽くなった。バレテシマッタ!!後ろで栄次君が「あ~あ」とでかい声で言っている。 どうやら、彼もウブスが欲しいらしい。 気を取り直して、四投目、またまたHIT!すご過ぎる、こんなの初めて。先ほどと同じくらいか、竿がしなり、ラインが出て行く。 逃がすものかと確実にフッキングするようにしゃくりを2回入れた。 なんとか半分巻き上げたところで、グッと〆込まれたら、フワリと手ごたえが無くなった。「あれっ?なんで??」回収して見て驚いた、アシストフックのシーハンター30号が2本(輪にしてあるので実質4本)ともバッサリと切られている。 「なんか歯のすごいやつがいる」と船長に見せたら「磯マグロかやー?そいつがきっとムロを追い散らしてるっちょー」との事。 私も初めての経験、フックを新品に交換して 五投目、またまたHIT!ヤバイ、面白すぎでしょう。 今度も良い引き、必死でやり取りした、あと少しでリーダーと思ったら、軽くなった。「あれ~???」なんと今度はジグごとロスト007.gif 取られてしまった。 悲しすぎる、ショック状態・・・ドッと疲れが来た。

 連続ヒットを見ていた栄二君が自分にもジグを貸せと言い出した。 どうやらサビキを外して電動リールでジギングするつもりらしい。(邪道だ!) 攻守交替、私はムロ釣に戻った。 が、電動ジギングはアタリなし、横でジギングを始めた息子に「ウブスを釣ってくれ~」と頼んでいる。すると息子にHIT!「さすがじゃー」と泊船長、「お父さんよりうまいんですよー」と権田さんに余計な説明をしている(笑)。 上がって来たのは、願いがかなって、3キロのウブス(スマ)。 喜ぶ栄次君。

 何とかムロアジも確保できたので、このポイントで先ほどのシビを餌に権田さんが泳がせをやることと成った。 期待をこめて投入したがアタリは無く、シビが弱ってしまったので、このポイントは終了し、本命ポイントの小宝島沖へ移動した。 
釣果:ムロ30匹程とサビキに食った小カンパチ1匹、シビ1匹、ウブス2匹
(小宝島)
f0052986_1824060.jpg

 
[PR]

by sakura-suisan | 2009-05-03 18:11

トカラへGO!!

 行ってまいりました。 釣り人憧れの海 トカラ列島 小宝島沖!!
 
 お誘いいただいたのは、大阪、八尾市で事業をされており、奄美の海に魅了され、奄美に移住、いわゆるIターンで、古仁屋にも住まいを持たれている、権田さん。 二年ほど前に、古い友達の古仁屋のレジャー船かんじ丸(本当の字はとても難しい)(迫田栄次船長)で、大島海峡内で最強魚にして高級魚のシロクラベラ(マクブ)釣でご一緒してからのお付き合いである。 権田さんは、海外にも遠征をされるほどのベテラン大物釣り師だ。 今回は、奄美での自己記録更新のカンパチ30キロオーバーが目標だそうです。

 この3月16日は、本当は出荷のある日だったが、相場もイマイチ良くないので無理やりお休みにした。市場へは、トカラの海からお休みの電話をした。トカラでも携帯は通じるのだ。日本はすごい。

 午前3時過ぎ、名瀬市の大熊漁港より、以前ジギングでお世話に成ったオーシャンパイオニア号(泊 延行船長)にて出船、一路北を目指した。トカラまでは約4時間の長旅だ。 今回、権田さんとサポーター参加の栄次君は泳がせで、私と春休み帰省中の息子はジギングでトライすることと成った。 また、狙いの水深が深くてジギングに疲れた時用に私たちの泳がせタックルも一式準備してくださった。(ありがたや~)
(宝島)
f0052986_181303.jpg

 





 空が白々としてきてまず見えたのは、宝島、そのすぐ沖合いが、餌のムロアジ釣りのポイントらしい。泊 船長が魚探とにらめっこしている。 この餌のムロアジ釣りで今日一日の成否が決まると言ってもいいくらいだ。
ムロアジは、なにかに追われているらしい、動きが早くすぐに移動してしまうようだ。 
船長の指示で仕掛けのサビキを投入。 しかし逃げられた。 再び船を建て直し挑戦。水深80メートル付近でガツガツとアタリがきた。丸々と太ったムロアジ4匹ゲット! 船尾の権田さんにもヒットしている。 数匹確保したところで船長が、「ここでジギングしたらおもしろいかも」と言ったので、ムロ釣りは栄次君と息子に交代して私はジギングに挑戦!
(ムロ釣りは連携プレイで手返しよく)
f0052986_1865928.jpg
(釣る人と魚を外す人)
[PR]

by sakura-suisan | 2009-05-01 18:10 | 釣行報告