なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ありがとうございました

 地元、蘇刈集落において、ただ一人の専業漁師。 一本つり漁船栄光丸
勇 忠光船長。 いつも漁の行き帰り、わたしの会社の前を通られます。

 昨日、いただきました。 カマスサワラ  刺身に塩焼き、とても美味しかったです。
f0052986_13153058.jpg

[PR]

by sakura-suisan | 2008-11-06 13:16

便乗作戦成功

 10月31日、稚エビの移放作業で2人とも疲れたので、妻と外食した。近くのファミレスに行ったら、以前所属していた釣りクラブ古仁屋迷人会の元会長さんデイリー吉永さんと数ヶ月ぶりにばったり会った。 私の島での釣りの師匠だ。
 「最近釣れているよー」と吉永氏、「あさっての日曜日も行くどー。どうねたまには」とお誘いを受けた。 その場は、そうでもなかったのだが、次の日移放作業も順調に終了したら、釣りの虫が湧いて出てきた。 夕方吉永氏にTEL、「明日乗れますかねー」とお願いしたらOKの返事。出航は午前5時とのこと、「そ、そんな早くにいくの?マジですか」と聞きなおした。なんでも最近いっしょに行く若手に段取りを任せたらそうなってしまったらしい。彼らは今釣りに燃えているらしいのだ。

 夕食後釣りの準備、色々やっていたら、23時を過ぎてしまった。子供の遠足前の様になかなか寝付けず、うとうとしていたが、午前3時過ぎには起きてしまった。5時前には瀬渡し船、あらた丸の前へ、すでに多くの釣り人が集合していた。 船長は西の方へ行こうと思っていたらしいが、一足先に名瀬の釣り人を乗せた、さんご丸が出航して西へ向かったためやむなく東のジャナレ方面へ、鳥瀬から順に降りたい人の希望を聞いて次々と降ろして行った。 私もジャナレ親に降りるつもりだったが、他に降りたいグループが有るとの事で、譲った。 残ったのは、私たち吉永グループ4人とカップルの二組。 どこへ行くのか聞いて見ると、吉永氏が、「この燃えている若い2人がどうしても与路立神に降りたいといっているので、船長にお願いした」との事。 それはそれは、願っても無いことだ。与路立神まで行くのは何年ぶりだ。もちろん奄美でも特に有名な1級磯である。 ジャナレから走ること10分強、見えてきました。 カップルのお二人を与路の地磯に降ろして、いよいよ立神へ、私と吉永氏は、隣の与路平瀬へ、上物の若い氏2人はご希望の立神へそれぞれ渡磯した。
f0052986_15204997.jpg

名磯 与路立神 と 昇る朝日

 まずは、「よろしくおねがいします」と吉永氏、「いえいえこちらこそ」とご挨拶から。 2人とも底物の準備からおこなった。 第一投、餌はかつおの腹皮、直後から竿先か小刻みに震えている、 餌取りの猛攻だ。ものの1~2分で餌はキレイになくなった。これはすごい、餌足りるかなー?と思いつつ今度は冷凍のムロアジで挑戦、これも5分ともたずにキレイに針だけとなった。
再度ムロアジを投入して上物の準備、吉永氏も餌取りに悩まされている。 底物をブッコンでいる間に上物の準備をし、 2人ともうき釣りを始めたとたん、私の石鯛竿が大きく海面へ舞い込んだ。「入った、入った」私が叫ぶ、と吉永氏が「もう一度舞込むまで待て」との事、師匠のアドバイスを聞いて、タイミングを見計らいグッと合わせを入れた。 手ごたえ有り、上がって来たのは、1.5キロほどのハースビ(イッテンフエダイ)でした。 おいしい獲物に吉永氏と握手。
f0052986_15465160.jpg
 10時満潮で、上げの潮では上物もめぼしい獲物は見えず、餌取りのカワハギがぽつぽつ上がるのみ。底物も潮が早すぎて釣りにならず、底物は少し休憩。磯の北側(潮下)をうき釣りで探って見る。餌取りばかりだ。 また戻って、元の位置から浮きを投げ込んだとたんギュンと手ごたえ、水面を走り回る、小型のウブス(スマ)カツオだ。これも美味しい獲物。
 潮が緩んできたように感じたので、底物投入、餌は腹皮、着底と同時に強いアタリが来た。「よっしゃー」と合わせ、ガンガンリールを巻いた。上がって来たのは、1.5キロのネバリf0052986_162666.jpg
(ヒレグロハタ)でした。 またまた美味しい獲物。
 下げ潮に成り、俄然上物が活気ずいてきた、まず、吉永氏が良形のホシカイワリをGET,その後磯の南側(今度はこちらが潮下)でボイル(魚が小魚を追って水面で騒ぐ事)盛んに起こっている、吉永氏がツムブリをゲット、ウブスもゲット、その合間に瀬際のよどみに見え出した、アカウルメ(クマササハナムロ)、ササムロ、ウメイロモドキ等を次々とゲット。私も負けじと頑張った。
f0052986_16145822.jpgとても美しいウメイロモドキ

 大爆釣とまでは行かなかったし、超大型のテングハギに全く歯が立たずにラインブレイクしてしまったのが少し悔しいが、久しぶりに満足の釣行でした。 吉永さん誘ってくれて有難うございました。 またよろしくお願いします。 本日の私の釣果。
f0052986_16233952.jpg

 左上から下へ順に、ヤチャ(アカモンガラ)、ササムロ、ウブス(スマ)、ハースビ(イッテンフエダイ)、中央上からウメイロモドキ、ツムブリ、右上アカウルメ(クマササハナムロ)、ネバリ(ヒレグロハタ)
[PR]

by sakura-suisan | 2008-11-03 11:46 | 釣行報告