なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


いまさら2-2

 クーラーの所まで行って、もう一度魚をじっくり見たが、鋭い顔つきにすごい歯、これはハーナと確信してどうしようか悩んだ。実はハーナは有名なシガテラ毒魚である。以前、何度も食べたことは有るのだが、ここ最近は食していない。 まーとりあえずキープしておこうとクーラーに入れた。 相変わらず垂らし釣りの方はアタリが続いているようで、息子が黙々とやっている、彼も久々の釣りで、楽しんでいるようだ。 11時を過ぎて眠くなったのと、足裏が痛いのとで動くのが辛くなったので、ボンボンベットで休んだ。心地よい風が吹き抜けていい感じだ。遥か遠くの水平線(太平洋)上では盛んに稲光が見える。だんだん眠くなってきた・・・と、突然!「お父さん竿、竿」と息子の声。 見ると私の竿が海面へ大きくしなっている。 やや!これは一大事、裸足で竿を取り上げた。するとなにやら根掛かりの様子。なんだ人騒がせなと思いながら、根掛かりを外そうと竿を何度かしゃくっていたら、だんだん竿がしゃくれなくなってきた。おやおや??海面と竿が一直線に成りカチカチに締めてあるリールのドラグからギーギーと道糸が引きずり出されて行く・・・あちゃーエイマンタじゃ、その引きの強さは尋常でない。竿を持って行かれそうだ。息子を呼んで、二人係りでウンショ、ウンショと応戦、しかし糸は出て行くばかりだ20メートルばかり引きずり出されたところでラインブレイク、ナイロン40号が引きちぎられた。時計を見れば午前3時、ため息が出た。 その後朝まで私は休憩。息子は一晩中垂らし釣りで遊んでいた。
4時頃に垂らしに大物が来て、ラインブレイクしたといっていた。

 明るくなって、再び浮き釣り、大型のマススが釣れた。息子にも強いアタリ、慎重に寄せて見ると、1.8キロのアオマツ(アオチビキ)であった。 午前8時過ぎ、迎えの船が来て納竿となった。

 港に戻って、釣果の話をしたり、他の人のクーラーを覗いたりして、ハーナが釣れたと私たちのクーラーを見せたら、船長が「これはハーナじゃないど、ゴマフエじゃ。」 今になってよくよく見れば、うろこにゴマをふった様な模様が出ている。捨てなくてよかった。 美味しい魚だそうだ。    爆釣とはいかなかったが、そこそこ楽しんだ。   次はまた来年かな。

f0052986_10264166.jpg


f0052986_10282626.jpg


 

 
[PR]

by sakura-suisan | 2008-10-26 10:46