なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


4月 月例ジギング

 行ける時は行く。と言うことで、2ヶ月連続で参加してきました。 この度は、同じ奄美北部でも、いつもの宇宿とは反対側の赤木名港(旧笠利漁協前)から出船。 毎度お世話に成ります、アルカトラズ号

 天候は、小雨、レインウエアーを着用。今日は、一気にサンドン沖を目指します。 波は2メートル、ややうねり、今日は酔い止めを服用いたしました。酔うと一日中むかむかしてさえないので必ず飲むことにしました。 途中笠利崎付近はかなりの波で、スローで前進。船長と雑談しながら1.5時間、ポイントに到着。  今日の釣り座は、左舷トモ。まずは一投目、120メートルライン、船中何事も無し、再び流しなおす、変化無し、5分移動再投入、右舷側の2名にHIT!2キロクラスのカンパチ、その後アタリ無し、また移動、アタリが無いので回収していたら水深15メートル位のところでなにやらHIT ,スマ(うぶす)カツオでした。 美味しいお土産ゲット、そういえば最近ウブス食べてないなー、磯釣りもしなくなったので、お会いする機会が無いもの。
 
 その後、ソウダカツオなど釣れたようだが、カンパチは、たまに1尾釣れる程度で不調、 船長の判断で、浅場のハージン(すじあら)、スワシン(ばらはた)狙いに変更、水深40~60メートルの曽根回りを潮の動き出す午後2時くらいまで攻めつづけた。 かなりの数のハタ類が上がったが、潮の状況が悪いのか根がかりも多発して、私の隣のN隊長などは4~5回も引っかかり、ため息をついていた。 私もオニュウのメジュウーム赤金を1投目でロストした。 しかし、右舷側のM氏に、先月全く駄目だったインチクにシロブチハタの良形がHITしていた。インチクでも釣れる事有るんじゃねー。 私は前回で諦めて、持って来ませんでした。 途中サメも出現し背びれを出して周囲を泳ぎ回り、とにかく状況は思わしくなかった。 右舷側では、シャークアタックもあったそうだ。
 
 大きく移動して3時頃から又カンパチ狙い。 小型が数尾上がったようだが、思わしくない、又移動、移動中「何か目の覚めるようなアタリが来ないかねー」と話しながらポイント到着。ジグをコモジグ赤金緑の200グラムに変更、船長から水深130メートル底から50メートルしゃくって下さいのアナウンス、着底して、15メートル程しゃくった所でなにやらジグに触った、かまわずしゃくり続ける、30メートル巻いた所で一気にロッドが締めこまれた、リールのドラグからもすごい勢いでラインが飛び出していく、来た来た!!ついに来ました。 ドラグのテンションがゆるめだったこともあり、かなりラインが出てしまった。指でスプールを押さえて、指ドラグをかけたがなかなか止まらない、だめか!とつぶやいたところでラインが止まった。 周りから、おっ止まったぞ、取れる!と声がかかる、ドラグを2周程締めて反撃を開始、すると割とすんなり上がってくる、と、又ラインを引きずり出し抵抗する。船長が、あまり無理しなくていいよ、と声をかけてくれた。 数度の攻防を繰り返しつつ、ずしりと重い感触がなんとも心地いい。してやったりと至福の時間だ。 魚が回っているのか船底にラインが入る、気をつけないと船底にこするとPE4号なのですぐに切れてしまう。 途中、海中でキラリと魚が光ったように見えたので、キハダマグロかなと思ったが、あがってきた魚は、お目当てのカンパチだった。 ベテランY氏がタモ入れしてくれて無事ランディング。 92センチ7.7キロ。お疲れ様、ありがとう。
f0052986_10464577.jpg

その後数箇所流してみたもののノーフィッシュ午後5時30分納竿。帰路についた。

本日の釣果とツーシーズのメンバー。
f0052986_10503966.jpg

[PR]

by sakura-suisan | 2008-04-28 17:44 | 釣行報告