なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


オープンキャンパス

 入試に出る英語、傾向と対策セミナー会場に着いた。本館の大講義室だ、これは広い、でかい、正面2箇所には大型スクリーンもある机もキレイだ。本当は息子だけ受講させて、私はキャンパス探検しようと思っていたのに、いっしょに聞けとうるさいので付いてきた。周りを見渡すと、けっこう父兄も参加している。おや、斜め前のお兄さんはいかにも浪人生のようだ、女の子が多い。自然や、動物に関する問題が毎年出題されていますとのこと、息子も真剣に聞いている、と、斜め前のお兄さん15分も立たずにもうこっくりこっくり、はい来年も駄目でしょうって感じ。しばらくすると、寝不足がたたりつらくなってきた、息子はと見るとなんと目が閉じている・・・。おい!と声をかけると、はっとして目を覚ました。お前が寝てどうすると小言を言って私は机にうつぶして、うとうとした、何十年ぶりの感覚、授業中よくい眠りしたのを思い出した。講義が終わり、昼食時間だ、さきほどいただいた食券を持って学食へ。ここも広い、学生さんが何名か食事している、カレーかうどんと言うことなので、昔よく食べたカレーを選んだ。メニューはかなりいろいろ有るようだ、私の記憶はA定食B定食、カレーとうどんにヤキメシこれのローテーションだったか、懐かしく思っていただいたがそんなにうまくなかった。
 いよいよ先生方との面会だ、研究室へ向かった。エレベーターでまずは魚医学研究室の廣瀬一美先生を訪ねた。学生の時と同じでなんだかドキドキする。ノックして部屋へ入る、奄美の正田ですと言うと、車椅子の先生が見えた、先生は数年前に脳梗塞で倒れられて、今は車椅子で教鞭をとられている、「あら!あなたのところは倒産したって誰かから聞いたわよ」、とのこと、「えー・・・確かに今期の成績は良くありませんが、まだ頑張っております」と言うと隣に座っておられた男性が、おい正田君しばらく、と、見ると当時大学院生だった鈴木伸洋さんだ、おーっといって握手した、現在は東海大学海洋学部の教授をされている。しかし何たる奇遇、研究室では、何でも相談できる兄貴分だった。当時の思い出話に花が咲いて、お前のおやじはと息子にもいろいろばらされてしまった。ついでに廣瀬先生からも研究室生無断下田旅行のことなどをばらされて、息子に笑われてしまった。その後 は現在の大学入試について、両先生から詳しく説明していただいて、本当に助かりました。  先生からは人気の日大スモークチキンのお土産までいただいて、魚医学研究室を後にした。         つづく  
[PR]

by sakura-suisan | 2006-11-30 16:30 | なんでも情報

オープンキャンパス

 話は前後しますが、築地を後にして、地下鉄とJRを乗り継いで藤沢へ。しかしJRも早くなりました、湘南ライナーと名付けられたこの快速電車は、とても快適、私の記憶では品川~藤沢は、かなり疲れるくらい遠かった。藤沢から小田急江ノ島線に乗り換えて3つ目、六会駅下車、母校の日大農獣医学部へなんと23年ぶりにやってきました。あれれ・・・駅名も六会日大前に変わってるし、駅舎もとても立派になっているぞ、実は大学の名前も変わっていて、今は日本大学生物資源科学部と言うすばらしい名前になっているのです。駅前道路も変わってキャンパス近しの雰囲気が感じられます。まず立派な正門と日本大学生物資源科学部の文字、思わず、おー、と声を上げてしまいました。自分たちの時こんなの有ったっけ?広い庭をうる覚えの中進んでいくと、巨大な美しいビルが、どうやらここがメイン会場のよう。しかしすごい施設だ。我々の時とはえらい違いにただただ驚くばかり、建物の横に滝まである。
 会場へ着くと入り口で配り物、昼食券にジュース、日大ウチワに日大シャープペンシル、おまけに食品工学科作成のミートソースの缶詰まで袋つきでいただきました、しかも、親子にひとつずつ、すばらしい、さすが日大。会場は学科ごとにブースが設けられていて担当の教諭が説明をしてくれます。まずは過去の入試問題を無料で配布していたのでそれらをゲット、アンケートに記入してきょろきょろしていると呼び込み役の教諭にどの学科ですか?と聞かれて、水産・・・いや海洋生物資源科学科ですと答えた。どうも言い慣れないのでなんともややこしい。ブースでは、将来どういった方面の仕事につけるのか、何を学べるのかと息子が質問して丁寧な説明を聞きました。逆に君は何がしたいか聞かれて、まだ決めていませんと答えると、先生が今あなた方で12組来られましたがその内10人は水族館に就職希望だった、君の答えが可能性があっていいと言う感じで少し呆れ顔で言われておりました。事務局コーナーで推薦入試等の説明を聞き、次の英語の入試問題傾向と対策の講義会場へと進んだ。 つづく
[PR]

by sakura-suisan | 2006-11-09 16:12 | なんでも情報