なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


東京出張

 7月30日の東京直行便で、久しぶりに上京、飛行機の座席は後部の非常口、フライトアテンダントのオネーサンと対面の座席。東京へお帰りですかと話しかけられて、俺もまだ島人化はしていないのかと思う。001.gif雑談していると羽田に到着。ギタリストとして活躍中の親友、小松原 俊氏が迎えに来てくれた。車で勝鬨橋のホテルへチェックイン、その後遅い夕食に出た。スタジオワークやコンサートで忙しい毎日とか、何よりである。それにしても東京の夜は涼しい、奄美とはえらい違いだ、ホテルに帰ると12時、明日は4時起きで築地に車えびのセリを見に行く強行スケジュール。
 31日、徒歩で築地市場へ、さすがに夜が明けるのが早い4時半で明るい、人もたくさん歩いている、うちが出荷している大都魚類の担当の中野さんが迎えてくれる、えびのセリ場へ、ここは低温室になっている、今日は月末で入荷はさほど多くない、各地から送られてきたえびを見て回る、梱包の形態などもチェック、中国からかなりの量輸入されている、品物はあまり良くなさそうだ、筋肉が白濁しているものが目立った、5時20分セリ開始、中野さんはベテランセリ人だ、あまりヤリ(買いますよと手を上げること)が出ないが天草産の養殖物には人気がある、つぎつぎどんどんとセリが進む、途中でお邪魔になってきたので大都魚類の藤井部長とマグロのセリを見学に行く、市場独特の3輪貨物スクーターみたいなやつに何度もぶつかりそうになって危ない、マグロのセリ人は早朝からハイテンションで血管切れそう、面白い、それにしても観光の外国人がたくさんいる、聞くと、観光コースに築地が入っているそうで、最近特に多いいそうだ、彼らはあのズラリと並んだマグロを見てなにを思い感じているのだろうか?その後中卸のお店街へ、以前は1200軒あったがいまは800軒くらいになったそうだ、やはり水産市場は確実に小さくなっている。それにしても魚種は豊富だ、へたな水族館より面白い、大きなマグロも早くも解体されている、関東一円約3000万人の食料庫だ。横の駐車場の屋上から築地の全体を見渡す、数年後には、移転計画があるらしい。えびのセリが終わるのを待って中野さんに場外市場にある、すしの名店へ連れて行ってもらう、表は人が並んでいるので裏から顔パスでカウンターへ、そういえば14~5年前にもこの店へ連れてきてもらった記憶が蘇った。朝からビールで乾杯お疲れ様、やはり今日は月末で相場はいまいちだったそうだ。各種刺身などを食べながら雑談、ふと外を見ると行列はどんどん長くなっているさすがに名店、外人さんも並んでいる、江戸前のにぎりで締めてごちそうさまでした。築地へ来る楽しみの一つはこれにつきます。同行した息子も大満足、築地を後にした。これからもう一つの目的オープンキャンパスへ参加するため藤沢へ向かった。
[PR]

by sakura-suisan | 2006-08-03 17:33