なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秋祭り:敬老会・豊年祭

9月に入り多少涼しく感じられる日もありましたが、
いまだ暑い日が多い奄美地方。

この季節は、奄美の各地で、祭りが開催されます。

私達が暮らす蘇刈集落も先日の日曜日、2年ぶり
(昨年は集落内に不幸が多かったため中止)に
第98回敬老会・豊年祭が執り行われました。

f0052986_9193358.jpg

まずは、力士たちが場内を一周。土俵を清めます。

始まりの3番相撲、婦人(家内も参加)による伝統の踊りと続きます。
(、2か月前から週2回練習しました。)
f0052986_9223913.jpg

出身者による余興の踊り。地区の小学生の伝統踊り等、出し物が続きます。

例年、私は招待席(公民館内)に座って観覧していましたが、一昨年前より再び蘇刈集落
住人となりましたので今年は、設営からお手伝いをし、今日も司会進行の補佐をしました。

そして、蘇刈豊年祭のメインイベント 棒踊り
f0052986_9292525.jpg
f0052986_92949100.jpg
f0052986_9311925.jpg

勇壮な迫力満点の棒踊りにボルテージは最高潮!
これだけを見に来るお客さんもいるようです。

そして、いっそうと呼ばれる
五穀豊穣を願ったもので、来場者全員におにぎりがふるまわれます。
f0052986_9361048.jpg

結びの3番相撲で、豊年祭は終了。約2時間半のお祭りでした。暑かった!
[PR]

# by sakura-suisan | 2016-09-13 09:38 | なんでも情報

おはようKRY

5月26日午前8時40分

本番20分前に制作部の中山さんから確認のTEL

2分前に電話を繋ぎます。と言われる。

9時3分出荷作業を中断し、電話の前にスタンバイ!

9時5分頃電話が鳴る。コマーシャル(ラジオショッピング)
が終わるまで、そのまま待ってと指示される。

男性アナが、「昨日は沖縄からでしたが、
本日は少し北上して奄美から」とアナウンス。

いよいよ本番。
男性アナと女性アナからいろいろ質問される。
事前に制作部の方に少しだけお話しした内容を元に
話が進む。(鹿児島は全国2位の生産地)。
昨日行ってきたばかりなのに南九州くるまえび養殖振興会を
言い忘れる。008.gif

車エビは夜行性で夕方籠を仕掛けて朝取り上げて出荷すること他。
気候の話、台風の話。雪が降った話。などで女房に交代。

二人の出会うきっかけは? 周防大島へ帰省するときの
交通手段は?などを聞かれていました。

最後にまた、私と交代して、〆の挨拶で終了。

すぐに、制作部、中山さんと変わって、「大変面白かったです、
ありがとうございました。」と言われ一安心。

出荷作業に戻る。

以上15分程度でした。

どうだったのかわかりませんが、こんなことも有るんだな
いい思い出ができました。003.gif
[PR]

# by sakura-suisan | 2016-05-28 09:15 | なんでも情報

おはようKRY

ラジオ出演します。

故郷、山口県のラジオ おはようKRY の

県人アワーふるさとdeつなごう! のコーナーに生出演します。

どうなりますやら・・・
f0052986_11312110.jpg

[PR]

# by sakura-suisan | 2016-05-23 11:32 | なんでも情報

中間報告

 奄美は雨の季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

ただ今は、出荷前の養成段階です。
池のエビの様子を見ながら餌の量を増量して
出荷に向かっております。

3月6日~4月7日にかけて、中間育成池から0.9g~2gのエビを養殖池に移しました。
f0052986_9185617.jpg

出荷前に体重測定をして、出荷日を決めたいと思います。

冷凍エビのお問い合わせが大変多いです。在庫は、ホームページに載せてあります。
品切れ品が多くご迷惑をおかけしております。

活きエビの出荷が始まりましたら、冷凍エビも順次作成してまいります。

よろしくお願いいたします。
f0052986_9244975.jpg

[PR]

# by sakura-suisan | 2016-04-27 09:23 | 作業報告

款璽丸

奄美 活車海老 さくら水産
 
少し前になりますが、款璽丸(迫田栄次船長)に誘われて、1年2ヵ月ぶりにジギングに行ってきました。

釣果は、款璽丸ブログで確認できます。上の≪奄美 活車海老さくら水産≫をクリックしてね!

上出来でした。 ありがとう船長。
[PR]

# by sakura-suisan | 2016-04-06 16:46 | 釣行報告

2年ぶり釣行4

 フエダイの興奮のまま釣行を続けたが、アカマツカサとギンユゴイ
しか釣れなくなって休憩を取りながら夜が明けるのを待った。

5時過ぎようやく空が白んできたので、残ったオキアミを餌に上物竿で
餌釣りをしてみると、スッとウキが吸い込まれて上がってきたのは、
赤ウルメ(タカサゴ)。沖縄ではグルクンと呼ばれる
魚。食べても美味しいが、釣りエサとしても一級品だ。

大切にタオルで包んで、すぐに中物の針にかけて投入!
仕掛けが着底するかしないかのところで、強烈なアタリ!
慌てて合わせを入れた。 すごい引きだ! 必死で抵抗
、リールを思いっきり巻いた。

少し巻いたところで、魚が根に入ってしまった008.gif
ここは落ち着いて対処。糸のテンションを少しゆるめて、
魚が動けるようにわざと隙を与えた。魚もとっさに隠れているので、
もっと良い所へ逃げようとする習性を利用したやり取りだ。 
今回は成功。再び動き出した。
渾身の力で竿を立ててリールを巻いた。 だんだん浮いてきたぞ
、もうこちらに主導権が移った。
反対側で釣りをしている息子にタモを持ってくるよう大声で叫ぶ。

磯際にポカンと魚が浮いてきた。でかい!
やったでかいハージンか?いや色が少し黒い。
息子が「なに?」と聞くのでじっくり見ると、「やった。ハネグロじゃ。」
(コクハンアラ)
船での沖釣りでは釣れるが、磯からは珍しい。
f0052986_1673020.jpg

60センチのタモをはみ出している。6キロの大物だった。
今回は、これで終了。9時過ぎにはあらた丸が迎えに来た。
天候は依然悪いままだ。帰りの船中は、2人とも爆睡003.gif

港に着いて船長に釣果を見せると、あまりの大漁にビックリしていた。
結果、けっこう釣れていた。 今回の釣果はこれ!
f0052986_16141577.jpg

おしまい。
[PR]

# by sakura-suisan | 2016-02-27 15:44

大寒波

平成28年1月24~25日
大寒波襲来で、奄美大島でもこの冬一番の冷え込み。

24日の午後、それまで何度もアラレが降っていましたが、
いつしかチラチラと舞うものが・・・

奄美で初めて雪を見ました。 それもそのはず、なんと115年ぶりなんだそうです。

年に1度くらいアラレが降ることはありましたが、まさか雪になるとは。
夜、名瀬市内に買い物に行ったのですが、山道の車外気温は4度でした。
これも多分初めての経験。

今日も冷えています。
[PR]

# by sakura-suisan | 2016-01-25 08:18

2年ぶり釣行3

 あたりも暗くなって、いよいよ夜釣り本番、時刻は8時過ぎたあたり。
餌の冷凍ムロアジ(いつだったか忘れたが、磯釣りで釣ったものを冷凍しておいた)を投入するたびにコツコツと小さなアタリがある。どうやら、餌取りが集まってきたみたいだ。
そんな中、餌を取り換えて投入すると、着底前にアタリが・・・?
合わせを入れてみると、強い引きではないが、針掛かりした。
変な引きである、横に走っている。強引に巻き上げ、浅瀬に引き吊り上げた。
すると、えらい暴れようだ、なんだか細長い、最初ウツボかなと思ったが、中層で食ったので
違うし、光を当てると銀色に光っている。なんと
f0052986_9461982.jpg

バラクーダ(オニカマス)だった。
すごい歯をしている。あまり大きなプライヤーは持ってきていないので、針を外すのに
とても恐ろしかった。やはり夜釣りには、大きめのプライヤーは必携!
後で、捌いてみたら、ぎっしり卵が入っていた。

 その後だんだんと潮の流れがゆるんできた、すると、奴らのお出まし。ウツボだ008.gif
2度、ウツボにやられた。ゆっくり竿先が曲がったと思ったら、また元に戻る。それの繰り返し。ウツボ独特のアタリ。 息子もウツボにやられたので、底物一時休止して、息子はタマン竿でたらし釣り。
私は、中通しの上物竿(トラブルが少ない)に、ウキも電気ウキに変えて、餌もオキアミからキビナゴに変更。

 息子のたらし釣りは、船用の胴付き仕掛けを応用。アカユ(アカマツカサ)が食ってきて面白そうだ。一度に2~3匹食って、忙しそう。
私は、キンメ(ホウセキキントキ)狙いだが、食ってくるのはミキョ(ギンユゴイ)ばかり、いつも釣れると、リリースしているので、食べたことはない。 25㎝くらいで体は平たく、鱗は銀色に光っている。骨が堅そうな魚だ。
旨そうには見えない。 せっかく釣れたので、生き餌にどうか試してみようと、獲れ獲れをすぐに底物に掛けて
投入してみた。するとすぐに魚信001.gifやったと思ったら、えらい引き、なんだーこれは、竿が折れそう。  やっぱりあいつだ。 巨大ウツボ!!「わー竿が折れる」と叫びながら、ぎりぎりの反撃。何度かの攻防の末、突然餌を離してくれた042.gif急いで回収。
竿が折れずに良かった。時刻は11時半、なんだかとても疲れたので私は休憩。
息子はたらし釣りで頑張っている。 持ち込んだボンボンベットでウトウトしていると、その横に置いていた、クーラーボックスに頻繁に息子がやって来て、蓋を開け閉めする。その度に目が覚めるが、ほかに移動する気力も無く夢うつつ・・・014.gif    真夜中2時半、息子が「うおー!」と叫んでいる。目を覚まして、近寄ってみると、なにやら格闘中。 良い引きをしている。

 そして、上がってきたのは、フエダイ(シブダイ)写真撮り忘れ007.gif
2キロ~3キロクラスの良型だ。 この魚は美味である001.gif
また時合いが来たか! 目を覚ましてまた釣りを始めた。       つづく
[PR]

# by sakura-suisan | 2015-09-20 09:51 | なんでも情報

2年ぶり釣行2

 まずは、中物から、息子が撒き餌用に持ってきたサバのぶつ切りを
撒いているのを確認すると、東から西へゆっくりと潮が流れている。正面やや西向きの
低い位置にピンを打ち込んだ。この竿(OLYMPIC 弧礁)を出すのは久しぶりだ、2年前は、上物メインだったので、使用しなかった。昨年、釣具屋さんでメンテナンスしてもらっていたので、安心して使用できる。
仕掛けの結び方も忘れかけていたが、何とか一投目、餌の冷凍ムロアジを一匹つけて投入。久しぶりすぎて
あまり遠投は出来ず、近めに着水。そのまま着底させた。竿受けにセット完了。後は、魚信を待つのみ。
テンションが上がりっぱなしで、心臓の鼓動が激しい。続いて上物の準備と思ったら、竿に付けている鈴がチリチリと鳴った。前当たりだ。 竿の横まで不自由な靴で降りて行った。待つこと1分。竿が海面へ引き込まれていった。すかさず合わせを入れる。手ごたえあり!だが割とすんなり上がってきたのは、
f0052986_9335973.jpg

スワシン(バラハタ)の1.5キロ。凄い色をしている。シガテラ毒の例もあるらしいが、気にせずキープ。
さい先良いぞ!続けて投入しようと思ったが、満ち潮に入ってきたため波が足場近くまで上がってくるようになった。
f0052986_9403244.jpg


高台へ移動し、2投目。ようやく上物の竿をセッティングしてオキアミの撒き餌をして投入したが、何もいない。
針に付けたエサがそのまま残ってくる。そんな中、カタス(オジサン)と言うヒメジノ仲間の魚が釣れた。
これは、生き餌に最高なのだ。早速中物の針に生餌を付けて投入。
着底とほぼ同時に強い当たり。必死で合わせを入れた。かなりの引きだ。全身に力を込めて反撃。少しづつ引き寄せてきた、あともう踏ん張り、グーッと竿をあおったら、フッと軽くなってしまった。合わせがうまくいってなかったのか、針がちゃんと刺さっていなかったようだ。残念。大物だったのに。
しばらくすると、息子の中物に魚信。一気に竿先が舞い込んだ。
f0052986_14471047.jpg

f0052986_10191327.jpg


良いぞ、高級魚ハージン(スジアラ)3.2キロ
f0052986_1021889.jpg

奄美や沖縄では、内地の真鯛に相当する。めでたい席でも大変喜ばれる魚だ。
今日は良さそうだ。ヤンマを選んで正解!
あたりも暗くなってきて、夜釣り本番へ、
またまたアタリ、合わせを入れて巻き上げ、小物だ。
f0052986_10455845.jpg

ネバリ(ヤイトハタ) これもおいしい魚。
                                            つづく
[PR]

# by sakura-suisan | 2015-08-24 09:55 | 釣行報告

約2年ぶり磯釣り

お盆も過ぎて(奄美は旧暦なのでまだ)夏も終盤となってきました。
いかがお過ごしでしょうか。

息子が帰省しましたので、お盆休みの休市を利用して、約2年ぶりの
磯釣りへと向かいました。 約2年前は、猛暑の中、汗だくになって昼釣りをして、大変な思いをましたが、
その反省も込めて、今回は、磯で一泊の夜釣りを計画。天候も曇り時々雨予報なので暑くはなさそうだ。

しかし午前中雨と風が強まり一旦中止を決めたのですが、お昼過ぎには日も差してきて、
せっかく準備もしたので、再度行くことを決めた。

今回、ぜひ行ってみたいポイントがあって瀬渡し船(あらた丸)の船長(新田 均)通称
均兄(ひとしにー)にお願いしてみた。風と雨の心配があるからあまり良くないかもとの答え。
でも、最近、近場の磯は、全然釣果に恵まれてないので、お勧めできないらしい。
まずは近くまで行ってみようと午後3時に古仁屋瀬久井港を出船。
一路南へ向かった。 途中大雨が降り出して、心配したが、目的地に近づいた時には
上がっていた。

奄美大島本島の南、瀬戸内町には、ほかに加計呂麻島、請島(うけしま)、与路島(与路島)がある。
それぞれ、有人島で集落もある。
f0052986_10415286.jpg
 その請島の南西端ヤンマ崎
に渡礁した。    ヤンマ崎からの風景(ジャナレ側:東)
f0052986_1710296.jpg

(与路側:西)
f0052986_17161184.jpg

一番左にポツンと見えるのが、一級ポイント与路 立神!
南側には、徳之島が見えていたのだが、写真撮り忘れましたし、
肝心のヤンマ崎の写真も撮ってませんでした002.gif失礼しました。

磯について、まず荷物を船から磯へ降ろすのですが、磯泊の2人分となるとなかなか大変。
フーフー言いながら042.gif荷卸しを済ませると・・・がーん!!恒例になっているのか、またまた007.gif磯靴の底泣き別れ
f0052986_19461153.jpg

ずっと置いていたが、新品なんだけど(安物ですが) ひどいなー
太いテグスをぐるぐる巻きにして何とか歩いた。
最終的に、疲れを倍増させたのだが・・・その後、私を見て笑っていた息子の履いていた磯靴も
同じことに。ダメだ、2度と買わんぞ!!
                                                         つづく
[PR]

# by sakura-suisan | 2015-08-18 17:22 | 釣行報告