なんでも情報局


身の回りの情報をお知らせします。
by sakura-suisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2年ぶり釣行4

 フエダイの興奮のまま釣行を続けたが、アカマツカサとギンユゴイ
しか釣れなくなって休憩を取りながら夜が明けるのを待った。

5時過ぎようやく空が白んできたので、残ったオキアミを餌に上物竿で
餌釣りをしてみると、スッとウキが吸い込まれて上がってきたのは、
赤ウルメ(タカサゴ)。沖縄ではグルクンと呼ばれる
魚。食べても美味しいが、釣りエサとしても一級品だ。

大切にタオルで包んで、すぐに中物の針にかけて投入!
仕掛けが着底するかしないかのところで、強烈なアタリ!
慌てて合わせを入れた。 すごい引きだ! 必死で抵抗
、リールを思いっきり巻いた。

少し巻いたところで、魚が根に入ってしまった008.gif
ここは落ち着いて対処。糸のテンションを少しゆるめて、
魚が動けるようにわざと隙を与えた。魚もとっさに隠れているので、
もっと良い所へ逃げようとする習性を利用したやり取りだ。 
今回は成功。再び動き出した。
渾身の力で竿を立ててリールを巻いた。 だんだん浮いてきたぞ
、もうこちらに主導権が移った。
反対側で釣りをしている息子にタモを持ってくるよう大声で叫ぶ。

磯際にポカンと魚が浮いてきた。でかい!
やったでかいハージンか?いや色が少し黒い。
息子が「なに?」と聞くのでじっくり見ると、「やった。ハネグロじゃ。」
(コクハンアラ)
船での沖釣りでは釣れるが、磯からは珍しい。
f0052986_1673020.jpg

60センチのタモをはみ出している。6キロの大物だった。
今回は、これで終了。9時過ぎにはあらた丸が迎えに来た。
天候は依然悪いままだ。帰りの船中は、2人とも爆睡003.gif

港に着いて船長に釣果を見せると、あまりの大漁にビックリしていた。
結果、けっこう釣れていた。 今回の釣果はこれ!
f0052986_16141577.jpg

おしまい。
[PR]

by sakura-suisan | 2016-02-27 15:44
<< 款璽丸 大寒波 >>